新車にかえたら任意保険も保険会社に連絡を

今年久々に新車を購入しましたが、それにともなって任意保険も入れ替えを行いました。保険の加入条件は同じなのですが、クルマが変わるとクルマ自体の車両料率が変わるので保険料も変わってきてしまうのです。

たとえば外車でも高額な車両の場合まさかのときの修理代金が大きくなりますし、車種によっては事故率なども変わってくることになるため、保険料は異なるものになるのです。車両料率については開示されているサイトもありますので、本来はクルマを購入する前にどのぐらい上がるものなのかをチェックしておくべきなのでしょうが、なかなか保険のことまで頭が回らない状況でした。

しかしとにかくクルマを買い換えた場合にはしっかり保険会社に連絡をして入れ替えをしておきませんといざというときに保険料の支払いを拒否されてしまったりするので、十分に注意が必要になるのはいうまでもありません。保険というのはあくまで保険会社が引き受けてくれてはじめて機能する商品ですから、クルマによっては引き受けを拒否されるというケースもないわけではないので、注意が必要になります。面白いのは保険料で、軽自動車やエコカーの小型車というのは事故率が低いため保険料が安く設定されているそうです。

逆にスポーツカーのような存在はリスクが高くなるのでどうしても保険料は高くなりますし、同型車で事故が多いとやはり保険料は上昇する傾向にあるとのことでした。こうしたクルマの事故率のデータベースは各社で共通して利用されている状況です。

コメント

コメントを受け付けておりません。